*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


顔の下絵ができたので順次モデリングを進めています。

下絵ができた

これを下絵にするわけですが、今回はオブジェクトとして
配置して正面、側面からちょくちょく覗きながら
モデリングを進めました。下絵機能とかUVプロジェクトとか
他にも方法はありますが、なんとなくこの方法にしました。


作り方としてはまず側面の輪郭を抽出して、正面顎から
輪郭を耳に向かって作っていきます。
耳は個別でまたモデリングするので後回しです。

最初の工程では「造形」ではなく「メッシュの流れ」を
まず構築させます、「造形」の修正はその後にします。

理由は途中の「メッシュの流れ」の修正が下手なので。
一度形状ができてしまうとなんか修正できないんですよ。
特に、三角形ポリゴンを避けてモデリングしてるので
閉じようとするところで五角形ができようものなら
小一時間ぐらい奮闘する羽目にorz

Twitterでちょっと画像貼りましたが、今は髪の毛を
モデリングしているところです。ここではカーブを利用して
粗方の形状を作っています。

髪の毛をざっくりモデリング
(クリック先は規制されていないので注意)

ある程度できたらメッシュを統合して更に微調整を
加えていきます。別に統合しなくてもいいのですが、
個人的に統合したいからしてるだけです。

統合しないと線画が上手く表現できないのは一つの理由
といえば理由ですね、どうしてもツムジまで線画が入って
しまってちょっとこっちの趣旨とは違ってしまいますから。

統合したあとは房の微調整をします、カーブだけでは
形を整えられないので細かいところは手作業です。

そう言えば、まだ何のキャラ作ってるか言ってなかった
はずなんですが、一部バレている模様。

後ちょっと気になるのが髪の毛の質感ですね、
いろいろ弄ってはいるけれどなかなか思う通りにならないorz
ちょっとしたハイライトとかはやっぱ別でモデリングですか。




なんだか随分と時間が空いてしまっているようですが、
なんか作ろうかと考えてます。
2年ぐらい放置してた気がする・・・

作ってたモデルの手と足の構造がちょっと気に入らなかったので、
再度リトポすることにしました。指先を「10角形」から「8角形」に
減らしてメッシュの流れもちょっと変更してみました。

胴体を再々リトポ

気になる所があればまたする可能性もありますが、
今のところはたぶん大丈夫かなぁ・・・。
手と足ってお絵描きでもかなり難しい分類になる気がしますが、
これは登竜門ってやつですか。

胴体部分は流用して随時ブラッシュアップさせますが、
頭の部分は毎回一から作ります。その下絵も描いてみました。

下絵

一応、作るキャラは決まっていますが、とりあえず顔だけで
髪の毛の詳細はまた後でもいいかなと。
ちゃんとペン入れしないとまともに形状作れそうにない。
側面図の口元がちょっと気になるので要修正ですね。
一応正面だけペン入れしてみました。

正面だけ

印象が大分変わってしまったような気もしますが。
さて、これをちゃんと3Dに起こせるのか・・・



で、随分放置していたお絵描きの方もやってました。



アナログでラフ

SAIでクリンナップと線画及びベタ塗り

Photoshopで描く

ってな具合になってます。なんというか殺風景で味気ない
ものになったなぁと、もっと何か描き足さないと・・・

Photoshopで描いてた後にまたSAIに戻ってペン入れしてると、
「なにこれめっちゃ描きやすい」って思いました。

ペン入れはSAIの方が優秀って言うのを聞いてはいました、
でも、ここまで描き易さに差が出るものとは思ってなかった。
今後もペン入れはSAIのほうが良さそう。

色々参考にしながら描いてはいますが、見てもどうやって描いている
のか皆目検討が付かないのがいっぱいあって困ってます。
描いてるところの動画見ても「なるほど、解からん」ってな感じで。

その人その人の「黄金比」みたいなのがあると思うので、自分の中の
それを早く見つけたいところです。只今絶賛迷走中・・・
目と髪の輪郭と塗り方を優先的にどうにかするべきかも。


ようやく返済

このブログでもちょっとお話しましたが学生時代に奨学金を
貰っていたので、返済をどうしようとか言ってました。
その返済がようやく終わりそうで、この間まとめて全額返済しました。
このまま返済していてもまだ何年もかかってしまうので。
さて、その分得るものがあったのかというとどうなんでしょう?

一応、今の仕事での知識の9割方は自主勉強によるものですし、
役に立っていると言えば役に立っていますね。
と言うか会社からまともに教えてもらった記憶がない。
まぁ、自己解決できるのであればそれが一番ですか・・・



先日、修理に出したグラボが返ってきたわけですが
残念ながら基盤がイカれてて修理不可能とのこと。

結構高かったのに・・・

なんとか治って欲しかったんですが、無理なものは仕方ない。
潔く諦めることにします・・・(´・ω・`)
今のグラボは調子よく動いててエアーフローも見直したので
そんなに簡単には壊れないはず。

で、結局 「MGSV TPP」 を買っちゃいまして案の定嵌っています。
前にやったのは「MGS3」で4はまだやったことないですが。
というか、ハードがありませんからやるならそこから揃える必要が。

ただでさえ広大なフィールドの上ミッションの数も多くてまだ15
ぐらいまでしか進んでません。サイドオプスとミッションタスク
埋めてたらめっちゃ時間喰っちゃいます。
とりあえず「燃料」が欲しいのでこれ集めることにします。

オンラインはPCだと来月から?らしいのでもうしばらく我慢ですね。
プレステの方はもう始まってるみたいです。



外に出る時パソコン持って行ったりする場合がありますが、
映画とかアニメを持ち出さずに見られたらいいなぁと思ってました。
主に自宅に置いてるPCに入ってるのでそれが見られればいいわけです。
必要そうな手順は以下の通り
(外出時PC無くても最低限スマホだけあれば良い)

1、遠隔で自宅のPCを起動
2、ログインさせる
3、必要なソフトを起動
4、用が済めばシャットダウン

たぶんこんなんだろうということで早速試してみることに。
それぞれ必要なことは、

1は「WOL」
2は「リモートデスクトップ」
3は「airplayit」
4も「airplayit」


ふむ、全てフリーウェアでできるみたいですね。
ちなみに再生させるデバイスの方はスマホなら「airplayit」
がありますし、PCなら適当なプレイヤーで再生できます。
広告もないし「airplayit」は結構優秀なソフトみたい。

PC起動時に立ち上がるようにしておけば基本的に
リモートデスクトップではログインするだけで、一度ログイン
すれば接続切っても問題ないみたい。バックグラウンドで
動いているのでリモートデスクトップ切った状態でも
「airplayit」からシャットダウンができます。

外出先から繋げる場合ポート開放をちょろっと弄る必要が
ありますが、特に難しいことではないですし。
今回は以下の3種類のポート開放をしています。

・WOL(UDP)
・リモートデスクトップ(TCP)
・airplayit(TCP)


ローカルエリアでやってみて、できればそれをそのまま
グローバルで繋げれるようにしただけです。
ちょうど出かける予定があるし試してみようかなぁと思ったら
結構あっさりできちゃいました。


デメリットとしては
・リモートデスクトップ使うとデスクトップが散らかる
・動画なんか見たらパケットがすごいことになりそう
・IP固定してない

デスクトップは配列記憶させておけば特に
気にすることではないのでデメリットと言うほど
のことでもないかもしれませんね。
(デュアルディスプレイにしてるからかな?)

パケットについては相当喰いそうなのでPocket WiFi
とか使った日にはすぐに上限行って制限かかって
しまうのではないかと。

グローバルIPは固定していないので何かの拍子に変わって
接続できなくなる可能性がある、これはどうしようもない。

「なんか面倒臭い設定が必要なのでは?」と、最初は思って
いましたが、そんなことはなかった。



グラボが・・・
冒頭の設定をしているとき、急に画面がおかしくなり
ブルースクリーンで再起動しました。
「何事?」と思って起動するのを待ってましたが、

なんじゃこりゃ


なんじゃこれ?見た感じグラボ関係だろうと思って
調べてみましたが、ドライバー削除してるのに症状が
治らない。これは、もしかしなくても逝った?

セーフモードもかろうじて起動しているような状態。
これは修理に出さないとだめっぽいですね・・・
ハイエンドモデルで結構いい値してた気がするから
できれば無事治ってほしいところ。

修理には大体数カ月ぐらいかかるから替えのグラボ
が必要なのですが、以前使ってたやつも調子が悪く
ファンが低回転でぐんぐん温度が上がってアイドル状態
でも60℃以上、放っておくと90℃近くまで上がって
これはヤバいと思いすぐに取り外しました。
・・・替えのグラボもうないよ?
ということで新しいグラボをちょっと調達してきました。

PCでMETAL GEARVができるらしい


買うならASUSかGIGABYTEあたりかと思ってこれにしました。
もっとハイスペックモデルもありますが、ケースに
収まらないのと、これで十分性能はいいので。

で、早速取り付けるわけですが、もうひとつ改良する点
として、ファンの増設をしました。それなりに排熱する
のにエアーフローが悪いとまた壊れてしまいそうなので。


今まで増設していないのがおかしかったんですけどね。
もしかして壊れた原因は熱暴走かもしれない(^_^;)
吸気用のファンを3つ追加してもともとついてるファン
から排熱します。ファンの回転数もちょっと上げました。

結果としてやはりグラボが原因だったみたいです。
マザーボードか電源の可能性も考慮して結局壊れた?
グラボは修理に出さずに帰ってきました。
これで壊れていることがほぼ確定したので後日改めて
修理に出そうかと思います。

それにしても久しぶりにMGSやったんですが、面白いですね。
最初なんかコントローラーが効かなくてキーボードで
やろうかと思ってましたが、JoyToKeyで無理やりコントローラー
でできるようにして遊んでました。
これはしばらく嵌りそうな気も・・・



最初アップしていたモデルデータは目のところにラティスを
設定していました、回転時にこのラティスに沿って回る事で
モデルの崩壊を抑えているのですが、ちょっとイマイチみたいです。
で、別の方法を取ることにしました。今までは目のモデルは
オブジェクト1つでしたが白目と瞳・ハイライトの部分で分離することに。

白目の部分はメッシュを反転させて、その内側に瞳の部分を
ラップで貼っつけることにしました。
これにより以下のところが改善されるはず。

・回転させても肌と白目の境界が維持できる
・設定次第でこっち見んな仕様にできる
・ハイライトを分離することでその辺の表現も可能に

これにする理由としては一番目が一番の大きいですね。
目玉自体を回転させるとどうしても境界線の調節が必要に
なる上、それに合わせて顔の輪郭の調整もしなければ。
と、こうなると目的の輪郭が作れなくなるという弊害も
起こり得ます。これは構造的欠陥ですね。

最初ラティスではなく単純にラップで変形させればいいのでは?
と思ってたんですが、なんか上手くいかなかった記憶が・・・

あと、口を閉じさせて幾つか表情作ろうかなぁ・・・とか。
閉じた時線画が真ん中だけでないようモデルを調節してます。
こっちのほうがなんか良い気がしたので。

ちょっと改良

前の記事で終わりとか言っときながら何故か改良してますが、
次のモデル作る手がかりになればと思ってとりあえず弄ってます。



Mithril

Author:Mithril


趣味は主に雑学です。
どうでもいいこと書いてます。

Blenderやプログラムに
ついても書いたりするかも。
私のPC環境はこちら

メールはこちらから↓
mithrilp★yahoo.co.jp
(★を@に変えて下さい)

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2015/07/18 更新
クリックしてね

リンクするときとかにどうぞ

Ustream
(現在オフライン)

配信可能時間帯
PM7:00~AM3:00ぐらい?
[休日はアトランダム]

Skype名:mithrilproject

オープンソースカンファレンス

Blender2.5 GuideBook第二版





QRコード