FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ここ一週間ほど剛体をいじってたわけですが、
どう設定しても貫通するなぁって状態で。
もしかして何か見落としてるんじゃないか?
と思って、見直してみるとあることに気が付きました。
剛体の演算時FPSが維持できていない事による
処理落ち?みたいなことになっていた模様。

Blenderさんはアニメーションが元々重たいので、
普通にスルーしてました。対処法としては処理落ち
させなければいいだけなのですが・・・
まず、何故処理落ちするのか?について、
これは端的にモデル表示してるからなわけで、
スカートと胴体しか表示してないのに「10FPS」も
維持できないとか、ちょっと重すぎじゃないですか?

ボーンと剛体のみで演算させれば処理落ちはしません。
(あまり多すぎたりすると処理落ちするかもしれないけど)
つまり、処理落ちしない程度の表示数で演算させて、
ベイクしておけば貫通せずにアニメーションがつけられます。

ベイク後であれば多少貫通していても修正は簡単なので。
演算時は「AV-Sync」だと演算してくれないみたいなので、
それ以外の「No Sync」か「Frame Dropping」である必要が。

演算出来ればベイクするわけですが、数が多いので
ステップを「1」なんかにしたらめっさ時間かかります。
なので「5」ぐらいで設定しておきます。
これでもかなり時間かかるので修正がいるところのみ
ベイクしたほうが利口かもしれませんね。

そんなこんなで、設定していたわけですがこれってもしかして
クロスシミュ使っても手間は五十歩百歩なんじゃぁ?
クロスならパラメータも少ないしポーズモードで
衝突判定してくれるし、より自然だし。
試してみたところ切り替えはすぐに出来るみたいだから、
状況に応じて替えるのがいいのかもしれない(∩´﹏`∩)


この記事へコメントする















Mithril

Author:Mithril


趣味は主に雑学です。
どうでもいいこと書いてます。

Blenderやプログラムに
ついても書いたりするかも。
私のPC環境はこちら

メールはこちらから↓
mithrilp★yahoo.co.jp
(★を@に変えて下さい)

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。