FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



自転車を新調して初めての大きな連休、ということで
ちょっと遠出をしようということになりました。
目的地は実家です、地図で確認してみると
大体70kぐらいらしい。前回の試し乗りより長い・・・
山越えが一つあるらしくここが一番の難所みたい。

で、昼間に準備って言っても着替えと飲み物だけ積んでいざ出発。
通る国道だけメモしてあとは適当に走ってました。
しばらくして、最初のミスが発覚。
どうやら曲がるところを通り過ぎたらしい。

「まぁ、目的地の向きに走ってたら大丈夫だろう」

と、思ってその地点から曲がりました。
しかし思わぬ事態が発生、 山にぶつかった。
引き返すわけにもいかず、というか道がわかんない。
ので、そのまま予定にない山越えを敢行。
頂上らしきところで方角をスマホで確認して、
ようやく下りられるのかと一安心。

そして、下りたところでもう一度所在地を確認
してみると・・・あれ? 何かおかしい。
さらにもう一度確認してみるが、やっぱりそうだ。

「逆方向に山を下ってしまっている」

つまりもう一度この山を登らないといけない。
これはもう登山してるようなものでは。
太陽の位置を確認しておくべきだった
と言っても後の祭り。

何とか登って本来のルートから外れた道を、
ひたすら目的地の方向へ向かっていました。
が、ここで再度トラブル発生。
目の前に「有料道路」の看板が、つまりチャリ通れないorz
実はここも山で頑張って登っていたのですよ。
・・・また下りないといけないのか

ため息をつきながらも何とか目的の国道に到着
この国道までくればあとはこれを辿るだけ。

のはずだったのですが、「ここでも山ですか」
そう、本来通るはずだった山路が目前に。
さらにトラブルは続きいよいよ佳境へ。

この時点で山越え4回目となったせいか足が逝った。
しかも両脚ともやられた、ふくらはぎと太腿あたり。
ここで気づいたのですが、どうも自転車こぐ時と
歩く時は別の筋肉を使っているらしい。
こぐのは問題なくできていました。
山越えの時坂が急すぎて歩いてた時もありまして、
このとき筋肉がやられたみたい。

で、しばらくしてさらなる追い打ちが。
こぐ方の筋肉も逝った模様。

「逝った」というのは脚がつってしまいまして。
おまけにこの炎天下、道路標識には「39℃」の文字が。
これ確実に体感温度40℃超えてるよ。

この災難に次ぐ災難で、「マジで死にそう」
と思いました。 比喩的な表現なしにして。
両脚とも逝ったせいでこぐ度、歩く度につってしまう
こともあって、色々ピンチでした。

どうする私!?

文句垂れても仕方ないので休み増やして
何とかこぎ続けました。
出発から6時間以上が経過しようやく見覚えのある
道にたどり着きました。

が、残念なことに暗くなりすぎてリタイヤすることに。
親が心配して迎えに
大丈夫だと言ったのですが、こっちに向かって
きているらしい・・・いけるとこまで行きますか。
あと15k程だったのですが結構限界に。
と言っても、残りは平坦な道だったのでさほど
問題ではありませんでした。

午前中に出発しておくべきだったか・・・
というか迷いすぎだよ、どれだけ方向音痴やねん。

帰省時の結果
走行距離 90k
走行時間 7時間半

予定では4時間ぐらいで着くはずだったのです。
それなのに4回も山越えなんかするから・・・
あの道は通ってはいかんね、覚えておこう。

帰りは・・・かなり楽でしたね。
というのも、基本下りなので心臓破りの坂道なんかは
ありませんでした。それに迷わなかったし。
最初にあんなことになって当然筋肉痛になってたわけで
すが、数日後の今日にはだいぶ引いてて無事帰還。

戻った時の結果
走行距離 78k
走行時間 4時間半

さて、今回なぜこんな暴挙に出たのかというと、
最近怠けすぎている私自身に「喝」を入れようかと
思いまして、極限状態へ追い込んでみました。

これで気合が入るといいのだけど・・・


この記事へコメントする















Mithril

Author:Mithril


趣味は主に雑学です。
どうでもいいこと書いてます。

Blenderやプログラムに
ついても書いたりするかも。
私のPC環境はこちら

メールはこちらから↓
mithrilp★yahoo.co.jp
(★を@に変えて下さい)

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。